昔と今は違うキャッシングの考え方

未だにキャッシングをすることにあーだこーだ言う人がいることに驚くことがあります。確かに、お金を借りるというのは良いことではないかもしれません。でも、今の昔は時代が違う訳ですし、それなのに昔の考え方を現代人に押しつけるのはやっぱり違うと思うんです。

昔は携帯電話とか、インターネットとか、今では当たり前の生活コストがありませんでした。他にも、水を買ったり、お茶を買ったり、近年ではごく普通なことも、少し前の時代では考えられないことでした。

そして何より、今は一億総中流と呼ばれた、中流層が多いかつての日本ではなく、貧富の差がどんどん広がり経済格差は止まることを知りません。

そんな今の時代と、仕事もあり人々の暮らしにあまり差が無かった現代を同じだと考えるのはやはりナンセンスだと言えるでしょう。確かに、昔のように経済格差が無い時代ならお金を借りることは恥ずかしいことかもしれませんが、仕事をしても生活がままならなければやっぱりお金を借りるしかありませんし、事実、そうして何とかやりくりしている人はとても多いと思います。

時代が変わっているのに、お金に対する考え方だけ変わらないのはおかしいと思いませんか?日本の文化として、お金は人前で出してはいけないもの、ダークなものというイメージがありますが、海外ではお金はもっとオープンなものです。

お金が第一ではなく、命が第一であって、生活が第一な訳ですから、当然生活が出来なければお金を借りるしかないんです。

ちょっと昔の人のお金に対する考え方があまりにも古すぎるので今日はそれについて書かせて頂きました。

現代人は大変なんです。

そのことを少しでも昔の人が理解してくれると日本の経済はもっと上向くのかもしれませんね。

カテゴリー: 金融 | コメントする

借金を制御できないととんでもないことになる

借金は上手に向き合うことが出来れば可能性を広げることにもつながりますし、より多くのキャッシュを生む事にもつながります。

しかしながら中には借入を制御できない人がいるんです。
貸金業法の改正により消費者金融からの借入は年収の3分の1までに制限されるようになりました。

例えば年収300万なら100万までは借入出来ますがそれ以上は出来ないという規定です。

国が年収の3分の1以上の借入を許したら多重債務者が増えるという事で規定したものですが、この規定が闇金業者の暗躍につながるとはなんとも皮肉なものです。

総量規制でお金を借りることが出来なくなった方が闇金取り立てで苦しむという事例が総量規制の制定後に急増しているんです。

なんだかな~って感じですよね。なので借金することに対して全く躊躇する必要はありませんが、しっかりと自分をコントロールしなければいけませんね。

自分をコントロールする人だけに認められるのが借金という選択肢だと私は思います。
借金をコントロールして上手に活用し、有意義に借入を利用する人はクレバーですよね。

なのでこのブログをご覧になっている方も計画的に借金をするようにしてください。
くれぐれも闇金などの違法業者だけには手を出してはいけませんよ。

金利も半端じゃないですから。10日で5割とか当たり前です。
ソフト闇金とか謳っている会社も普通に10日で3割とかいう法外な金利になります。

上手に借入してハッピーな生活を送りましょうね。

カテゴリー: 金融 | コメントする

借金に利用されるのではなく借金を利用しろ

良く借金をしてから借金地獄に陥り多重債務になり人生を台無しにしたみたいな話を耳にします。

これは借金に利用されている典型ですね。
そもそも計画的に借金をすれば今のご時世多重債務に陥るという事は中々考えられません。

身の丈以上の生活を求めたり、虚栄心が先行すると借金に踊らされる結末になります。
なぜ借金する必要性があるのかを自分に問いただしてみると良いでしょう。

それが正当な理由で不純な理由で借金をする必要性があるのならおそらくあなたは借金に翻弄されることはなく借金を上手に利用することが出来るでしょう。

目的なき借金は借金苦へつながる可能性が高いですが、目的の明確な借金は人生をプラスに好転させる強い力をしばしば発揮します。

実際に私の周りの人間も目的を持って借金をして無理のない計画的な借金をしている人は誰一人として借金苦に陥っていません。

借金に食われるのか借金を食らうのかは借りる人の気構え次第です。
借金は避けるものでもなく利用するものです。

借金することにより金融業者は利益を得ていますが、利息以上の価値を借金をするという行為に見出すことが出来れば借金を否定する事なんてありません。

借金に利用されるのではなく借金を利用しろというのが私の見解です。
なお借金する際には審査に落ちるようなことはないようにしましょう。

日々の生活でクレジットの支払いの遅滞を絶対になくすことや、公共料金の支払い携帯電話の割賦払いの支払いの遅滞が無く、クレジットの利用履歴もしっかりとあれば通常であれば審査はそこまで難しいものではありません。

借入する際の審査について良く知りたいという方は借入審査というサイトをご覧になると良いでしょう。カードローンやキャッシングする際の基礎知識が凝縮されています。

ちょっとボリュームがあるサイトですがかなり役に立ちます。
もう一度言います借金に利用されるのではなく借金を利用するようにしてくださいね。

カテゴリー: 金融 | コメントする

備えあれば憂いなし!

いやはや、お金がありません。
予定していた収入が無くなってしまいました。
お金を貸していた人が逃げてしまったんですよ。
最低ですよね。
結構信頼している人だっただけになんともやり切れません。
しかも金額は50万くらいありますからね。
私にとってはかなりの大金です。

…これからの生活どうするかな。
とりあえず3日くらいはなんとかいけそうなのですが、
それ以降が全く見えません。

仕事もしてませんし、彼女もいません。
家は…一応実家なのであります。
年齢はあまり言いたくないのですがアラフォーです…。

そうなんです。万事休すなんです。人生の。

それなのにブログを書いている自分の図太さに驚きますね。
この図太さをもっと生かせてたらもー少し人生変わっていたのかもしれませんね。

…っていう夢を見たんです。さっき。
マジで焦りました。
なんて現実的な夢なんだって思いましたよね自分で。
ハっと目が覚めてホっとした感じです。
3日以降先が見えないってヤバ過ぎですよね…。
大体50万もお金を持ったことがないっつーの。

でも、ちょっとだけ真剣に思ったことがあるんです。
実際そんな状況になったらどうしようと。

そんな時ってどうすればいいんですか?
お金が無かったら何も出来ないじゃないですか。
電車にも乗れない。電車に乗れなかったらどこにも行けないじゃないですか。
本当にどうするんだ!?

…と思ったら、あるじゃないですか。
消費者金融が!駅前にいっぱい!

なんか、急にお金が必要な時に
消費者金融のカードって持っておいた方が便利なんじゃねーの?
と思ったりもしました。

消費者金融のカードってなんだか抵抗ありますけど、
この歳になってお金がない方が抵抗あるなと思って。
さっきの夢で。

そういう意味じゃいい夢だったのかもな。
てことで消費者金融のカードを作ることにしますよ。
備えあれば憂いなしですね。

カテゴリー: 金融 | コメントする